【大阪大学2019】大問Ⅰ(B)

<1行目>
involved はこの文の動詞でないことに注意しましょう。
わかりやすくすると、Scientists (who are) involved in this research となり、who+be動詞が省略されているのが分かります。
Kaz
Kaz

過去分詞が形容詞的にかかっているとも解釈できます。

ですので Scientists involved in this research 「この研究にかかわった科学者」となります。

1行目の and は have suspected と (have) sometimes shown を繋げています。

2つ目の have は1つ目で既出のため省略されていますね。

Kaz
Kaz

and は同格のものしか繋げることができません(例えば、名詞と名詞を繋いだり、動詞と動詞を繋いだり。名詞と動詞を繋ぐことはできません)。そのため、and の前半で現在完了が使われていれば、後半でも現在完了が使われていることになり、後半の have が省略されていると考えられます。

suspect that S V で「~でないかと思う」「~でないかと考える」の訳にも注意が必要でした。

suspect には「疑う」という意味もありますが、この文では意味が強すぎますね。

また、suspect that S V と show that S V の that S V 部分が共通して以下に示されています。

Kaz
Kaz

ここでの that は接続詞ですね。


exercisers という単語は訳出が難しかったですね。

ですが、単純に exercise + (e)r という語構成をみれば理解できるでしょう。

Kaz
Kaz

簡単な例を示すと、play する人を player と言いますね。他にも run する人を runner と呼びます。ただしここでは、必ずしも「人」ではなく動物も指しているため「~するもの」と訳しましょう。

[Point 3] whatever の訳出

whateverってよく見かけますよね

Kaz
Kaz

そうですね。そのため色々な用法や訳し方が存在します。

ここでは関係詞 what の強調形として「どんな…でも」といった訳が適切でしょう。

そのため whatever their species「どんな(生物)種であれ」と訳せます。

their は exercisers を指します。つまり、「exercisers がどんな種であれ」という意味になります。


tend to は「~する傾向にある」という意味の動詞ですね。

3行目の and は become hungrier と consume more calories を繋げています。

ここでの consume の訳出に注意しましょう。

「消費する」ではなく「摂取する」と訳せていれば正解です。

Kaz
Kaz

(physical activity の後に) お腹がすくand(そして)カロリーを摂取する という文脈を意識しましょう。

physical activity はそのまま「身体的活動」や「体を使う活動」などと訳して構いません。

Kaz
Kaz

フィジカルという単語は日本でも良く聞きますね。

ちなみに after physical activity の部分は、後ろから that 節以下を修飾しています。

この部分の解答例:この研究に関わった研究者たちは、運動するものはどんな種であれ、身体的活動の後にいっそう空腹になり、より多くのカロリーを摂取する傾向にあると考え、時にはそれを証明してきた。

解答

In most of these experiments, the participants lost far less weight than would have been expected, mathematically, given how many additional calories they were burning with their workouts. Scientists involved in this research have suspected and sometimes shown that exercisers, whatever their species, tend to become hungrier and consume more calories after physical activity.

これらの実験の大部分において、被験者の体重減少は、運動でどれだけ余分に多くのカロリーが燃焼されたかを考慮すると、計算上予想されていたであろう(数値)よりもはるかに少なかった。この研究に関わった研究者たちは、運動するものはどんな種であれ、身体的活動の後にいっそう空腹になり、より多くのカロリーを摂取する傾向にあると考え、時にはそれを証明してきた。

コメント